FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

躁鬱なシルバーウイークの結末は…

シルバーウイークも今日で終わりです。 これといってどこかにお出かけすることもなく、5日間の連休が過ぎました。

振り返ってみると、気分は上がったり下がったり。安定しませんでした。

蔦谷でDVDを借りて夫と観たり、父の墓参りに行ったり、義父母と一緒に夕飯を外食したり、ヤマダ電機でiPad Air2を買ったり・・・それなりに活動的で躁気味のときもありました。

でも、なんだかなあ。

最終日の今日。まったくすっきりしません。

朝から何もやる気がしない。

お天気がいいのに洗濯ができない。掃除機をかけるのも億劫。ましてや料理なんてできない。

何もせずに、午後はほとんど寝て過ごしました。

夕飯は夫に勝手に食べてもらい、私はインスタントの春雨スープとサラダだけ。

そう、欝状態です。

先週の今頃までは、入院しなくてはどうにもならないほどの躁状態だったのに。

この2日ほど、眠くて眠くて仕方ない。 昼寝に加えて、夜も10時にはとろ~んと眠くなって寝てしまいました。

これに比べて、ここ1ヶ月ほどの躁状態のときは、睡眠時間は長くても5時間くらい。 まったく昼寝なんてしたくありませんでした。

シルバーウイーク前半の先週の週末(土日)は、「半沢直樹」や「グーグーだって猫である」(どちらもTVドラマ)のDVDを夜中まで観て過ごし、睡眠時間は約5時間でした。

つまり、シルバーウイークの5日間で躁鬱が逆転したようなのです。

デパケンの威力について書きましたが、確かに徐々に躁が落ち着いてきていました。でもここにきて、その効果がありすぎで、欝に転じてしまったように感じるのです。

いまは抗うつ薬をまったく飲んでいません。

怖い。

いきなりドスンと落ちたらどうしよう。

”軟着陸”できなかったら・・・。

入院の目的も変わってくるかもしれません。

激欝になる恐怖がシルバーウイークの最後に襲ってきました。

とにもかくにも明日、K先生に電話です。
関連記事
スポンサーサイト

デパケンの威力

昨日は眠くて眠くて、さっさと寝てしまいました。

このブログ、筆者が双極性障害だけあって、とっても気まぐれで。 申し訳ないです。

躁状態のときは、毎日のようにバーっと記事を更新するのですが、欝に入るととたんにだんまり。

半年以上も更新しないことも。すみませんです。でも、これが私です。

できれば毎日、更新したいのですが、それもなかなか・・・・。

いまは一応、躁状態なので、こうしてなんとか記事を更新しています。

今日は早朝覚醒。午前5時過ぎに目が覚めました。

入院が決まっているのですが、ここ数日、頓服のりスパダールも必要ない。

落ち着いています。

あの嵐のような躁状態が嘘のようです。

で、なぜに?と考えました。

結論はやっぱり、薬のおかげ。

躁状態になって4日後。K先生に受診。K先生は入院をほのめかすも、私が躊躇したので、その代わりに薬の処方を大幅に変えました。

それまで飲んでいた薬は朝夕にリーマス、ラミクタール、エビリファイ、レキソタン、眠前としてサイレース。

このうち、先生曰く「抗うつ薬はすべて抜く」。 ということで、ラミクタールレキソタンを中止。

そのかわりに、処方されたのがデパケン(200mg×2錠/一日)とロドピン(25mg×4錠/一日)でした。

ロドピンはそれまで頓服として使っていたもの。興奮を鎮め、不安や緊張をやわらげる作用があります。

確かに、頓服で使っていた時も、一回1錠でしたけど、ふわ~っと眠気が来て、なんとなく落ち着きましたが、頓服としては1日に3回までしか飲めなかったので、激しい躁状態には効果が不十分でした。

それでK先生は朝夕の定時の薬として、一日に4錠飲むように処方しました。

そして、デパケン。 

ネットなどの情報によれば、デパケンはてんかんの発作を抑える作用のある薬だけれど、躁状態を鎮静させる効果もあるとのこと。気持ちの高ぶり(高揚)を抑えるわけです。

これはありがたい。効いいてほしい。 私はデパケンに期待しました。

最初に処方されたのが9月3日。

そして先週の半ば(9月16日)頃から、頓服の量が急激に減って、気分の高まりがだいぶ収まってきました。

つまり約2週間で、どうやらデパケンの効果が出てきたようなのです。

すごい。

だって、つい1週間前までは、1日に4回は頓服(りスパダール液、ワイパックス)を内服しないと、気分が高まって落ち着かなかったのに。

いまはケロッとしています。 入院が必要ないのではないかと思われるくらいl。

デパケンさまさまです。

もちろん、それまでも継続して飲んでいる気分安定剤のリーマスやエビリファイも効力があるでしょうし、なにより、抗うつ剤を飲まなくなったことも影響しているでしょう。

でも、デパケンが躁を抑えるのに威力があることは双極性障害を患っている患者さんの間では、自明の事実のようです。

これからの課題は、デパケンを飲みつつ、どうやって欝にドスンと落ちることなく「軟着陸」できるかですね~。
関連記事

待ち焦がれるメールの返事

来ない、来ない。返事が来ない。

メールを送ったのが一週間前のこと。

気にしないでいようと思っても、ふと思い出しては、なぜだろうと思い巡らしています。

例の初恋の人に久しぶりに送ったメール。

返事は期待していない、というのはちょっと嘘。

やっぱり、気になります。

できるだけ、負担にならないような短いメールを心がけました。

返事も期待していないふりをして。

どうしたのかなあ。秋だから、学者の彼は学会とかシンポジウムの発表で忙しいのかなあ。

忙しいから返事もできないのだ、と自分に言い聞かせます。

でも、いつも私が体調を崩したり、入院したりしたときに限って

彼からのメールが舞い降りてきます。

今も、入院を目前にして落ち着きません。

きっと、そのうちにふらっとメールが来るだろう。

そう思いつつ、内心は待ち焦がれています。
関連記事

3回のOD(過量服薬)と躁状態は突然に

「入院しますか?」

先日のK先生の診察でのこと。診察室に入って座ろうとしている私に、K先生はいきなりそう言ってこちらを見ました。

入院とは。。。そのときは、まだ心の準備ができていなくて、猶予していただきました。

でも無理もないのです。

このところ、躁状態が続いています。 もう1ヶ月近く。 なんともはや。,,,

入院を打診されたときまでに、なんと3回も毎週OD(過量服薬)をしていました。  自分でも理由がわからずに。

疲れていたせいかもしれません。

そう、確かに疲れていました。

最初のODをしたのが8月19日。その2日前にバリ島旅行から帰国したばかりでした。

バリ島旅行は楽しかった。無理もしませんでした。プールサイドで惰眠をむさぼり、たまに町まで散歩に行って・・・。

ただ、帰りの飛行機が夜行便だったのがまずかったかも。飛行機上で一夜を明し、あまり十分な睡眠がとれませんでした。

そんなわけで、帰国してすぐにダウン。

一日中、寝てばかりいました。何もできずにいました。そんな自分にイライラ。焦燥感が募っていきました。

そして気を失って熟睡したいという気持ちが突然に襲ってきました。

そんなわけで、最初のODは頓服のワイパックス(ロラゼパム)10錠、ロドピン5錠。

薬を飲んで間もなく、ものすごい睡魔に襲われ、コトっと寝てしまいました。

約5時間後に目覚めて、後悔しました。

でも、1週間後に今度はロドピンを12錠飲んでOD。5月から週一回お願いしている訪問看護の看護師さんに緊急で来てもらって、頓服の薬を預かってもらいました。

そんなふうにODを繰り返したため、体調はどんどん崩れていました。

そして2回目のODの3日後の朝。

なんだか訳もなく気分が高揚していました。 そう、突然の躁転でした。

おしゃべりがしたくてたまらない。 用もないのに、友達に次から次へと電話しました。気がついたら1時間の間に6人。

そばでその様子を見ていた夫が、唖然としていました。  「おい、声が高ぶってるぞ。大丈夫か」 

大丈夫じゃないよお。 でも、どうにもしようがない。

一通り電話をしたあと、今度は去年ハマっていた大人の塗り絵に手をつけました。

午前10時半頃に塗り始めて、ひたすら没頭して塗り終わったのは夜の10時。約12時間も塗り絵をしていました。

その日はそれだけではありません。

夜の11時になって、突然にカラオケがやりたくなり、渋る夫を急き立ててカラオケに行き、夫とふたりで夜中の1時まで2時間も歌いっぱなし。

カラオケから帰宅してからも、とにかく楽しくて仕方ない。 夫を相手におしゃべりして、結局、寝たのは4時半頃でした。

そして翌朝6時すぎには目が覚めました。1時間半くらいしか眠らなかった。 

でも眠くない。それに、なにかしていないと気がすまない。過活動。

躁転した翌日も連日でカラオケに行き、2時間半、歌ってきました。

そして躁転して5日後のこと。3回目のODをしてしまいました。

睡眠不足のせいです。毎日、4時間くらいしか眠っていませんでした。

眠れない。寝たくない。両方が原因です。

頭は冴え渡っています。でも、身体がだんだん疲れてきました。 

午後2時頃にロドピン17錠。また看護師さんに来てもらい、脈拍や血圧を測ってもらいました。

看護師さんが帰るところまでは覚えていましたが、そこから先は記憶がありません。気がつくと、ソファで寝ていました。外はすっかり暗くなっていました。

ODをする度にK先生の連絡していました。かなり心配をかけていたようです。

そこに追い討ちをかけるような、突然の躁転。

K先生だけでなく、訪問看護ステーションの所長さんも、入院したぼうがよいのでは…と警鐘を鳴らしました。

躁状態は今日まで続いていて体調がガタガタです。

結局、昨日の診察で、連休明けに入院することになりました。

今日の気分グラフは4。
関連記事

躁鬱混合な一日

約1っヶ月ぶりの更新です。

このところ、ODを繰り返したり、躁転したりで、落ち着かなかったので。

と言い訳けして、どうする。。。

なんだか私のブログは日記というより、エッセイっぽい。

そんなんでいいのかなあ。

と、ふと今朝、思いついて、久しぶりにPCを開いたら、もう止まらない。

いろいろなブログを参考にして、デザインやカテゴリの変更に没頭。

気がついたらあっという間にお昼です。ほぼ4時間も休みなく、でした。

これは躁状態だな。

でも、頭の回転はフルスピードだけれど、なんだか気分はメランコリックです。

いまひとつ晴れ晴れとしない。うつ気味です。

入院が決まって、ほっとしたはずなんですが。ほっと、だけではなくて、確かに憂鬱でもあります。

だって、今年は1月から4月中旬まで3ヶ月半も入院したのに。

もう、すっかり良くなったと思っていたのに。  

がっかりです。 気が抜けた感じ。

躁状態だけど、メランコリック。 そう、躁鬱混合です。

午後は昼過ぎに夫の運転で、先日夜間救急にかかった病院に診察料の精算をしに行きました。

14時頃に帰宅すると、ドッと疲労を感じてベッドに直行。 5分もしなかったでしょう、すぐに寝入りました。

トゥルルルル。 電話が鳴って目が覚めました。

急いで受話器を取って「はい○○です」と言うと、「お世話になってます、訪問看護のKです」と聞き覚えのある声が受話器の向こうから聞こえてきました。

「今から伺いたいと思いますが、大丈夫ですか?」と訪問看護ステーション所長のKさん。

「はい、大丈夫です、ありがとうございます」

というわけで、約10分くらいしてKさんが訪問してきました。

ありがたい。 ODを3回立て続けに繰り返して以来、土日をのぞく毎日、看護師さんが訪問してくれています。

頓服をODしたので、これ以上繰り返さないよう、頓服は一日分だけ渡してもらっています。
(もともとOD癖があって、去年の11月にも2回続けてODしたりしたので、4月に退院後、訪問看護をお願いして、1週間分の薬をカレンダーのような配薬表に配薬しもらうようにしました。これで定時の薬をODする危険性は下がりました)

Kさんを始め、訪問してくださる看護師さんは、気さくで優しく、本音で話しをしやすい人たちばかり。

今日も、躁なのに落ち込みがちな気分の状態や、入院の手続きの煩雑さについて、不安や愚痴を聞いてもらいました。

訪問看護の効果は期待以上です。 ひとりで双極性障害と闘っている人に、ぜひお勧めしたい。

少なくとも私にとって看護師さんは、夫と主治医のK先生に加えて第三の心強い味方になっています。

というわけで、今日はやや鬱々しながらも、Kさんのおかげで気分転換ができました。

そして、こうして夜中までブログを書くほど頭は躁状態です。

今日の気分グラフは7。やっぱり入院かなあ。
関連記事
こねこ時計
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
僕をマウスで触ってみてね
プロフィール

葉菜

Author:葉菜
猫・海・桜が大好きなおっとり癒し系。双極性障害(躁うつ病)と境界性パーソナリティ障害を患い、精神科通院歴15年。2014年には子宮体がん(0期:子宮内膜異型増殖症)のため子宮・卵巣全摘手術を受け、現在経過観察中。興味のあること:写真撮影、旅行、読書、映画鑑賞、カフェ巡り、絵画鑑賞、クラシック音楽など。猫3匹と夫の5人家族。

最新記事
カテゴリ
薬 (2)
月別アーカイブ
気分グラフについて
「気分グラフ」とは、寝る前に一日を振り返って、その日の気分の状態を記録するグラフです。1から9までのスケールで、1は最悪(酷い鬱状態)、5が普通、そして9がマックスの躁状態です。その日の状態にあてはまる数字に〇をつけます。そしてそのような気分に影響したと思われる出来事をメモします。また天気や睡眠時間も記録します。これによって自分の状態を客観的に振り返り、1,2週間の気分の波を一目で見ることができます。
最新コメント
検索フォーム
Access Counter
お気に入りブログ / リンク
ポチッとしてくださったら喜びます(^-^)/
ポッチっとよろしくお願いします(*^▽^*)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

べんぴねこボタン2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。