FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K病院精神科に受診

2014年2月3日。K病院精神科を受診。

かかりつけのJ大学病院の精神科のK先生からの紹介状を、1月30日にS先生に持参したところ、念のため、K病院の精神科に受診するようにと予約を入れていただきました。

常時服用している精神科の薬の情報を把握するとともに、やはり、手術にあたって精神面でのケアの必要が出てくるかもしれないとの考えもあってのことだったと思います。

さて、その当日。

午前10時半の予約時間に精神科の待合所に行くと、あふれんばかりの人。J大学病院でも精神科はいつも混んでいるけれど、それを上回るほどの混雑ぶりに少したじろぎました。

初診受付を済ませ、初診室の前の椅子に腰掛けて待つこと約10分で、診察室に呼ばれました。

中に入ると、予想外に大きな部屋。

年配の温厚そうな医師が、「はい、どうぞこちらへ」と私を近くに座るように促しました。

それからが大変でした。

紹介状に書いてあることに補足するだけかと思ったら、まったくもって「初診」の診察。
私の学歴やら職歴、主人の職業、そして私が初めてうつ病になった、約25年前のことから根掘り葉掘り、聞かれました。

25年も前の嫌な思い出まで話させられて、ふっと、これは何のための診察だっけ?と思わされました。

でも、そのインテークをしている医師が、「ふんふん、なるほどねえ」と言いながら、パタパタとパソコンに情報を熱心に打ち込んでいる姿を見ていたら、なんだか、あ、これだけ十分な情報があれば何かあったときに安心かなあと思えてきました。

「えーっと、それでは、手術のときのことですが、いまの状態であれば、1日薬は飲まなくても大丈夫そうですね」

はあ。

それだけのことを判断するために、私の精神科遍歴をすべてあらいざらいお話ししたのかあ。

なんだか、その先生の温和な態度に癒されて、怒る気持ちにもならないまま、約30分の長い診察が終わりました。

ちなみに、あとでその先生の名前をK先生に教えたら、ああ、○○先生ですかあ、よく知っていますよ、有名ですよ、とのことでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こねこ時計
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
僕をマウスで触ってみてね
プロフィール

葉菜

Author:葉菜
猫・海・桜が大好きなおっとり癒し系。双極性障害(躁うつ病)と境界性パーソナリティ障害を患い、精神科通院歴15年。2014年には子宮体がん(0期:子宮内膜異型増殖症)のため子宮・卵巣全摘手術を受け、現在経過観察中。興味のあること:写真撮影、旅行、読書、映画鑑賞、カフェ巡り、絵画鑑賞、クラシック音楽など。猫3匹と夫の5人家族。

最新記事
カテゴリ
薬 (2)
月別アーカイブ
気分グラフについて
「気分グラフ」とは、寝る前に一日を振り返って、その日の気分の状態を記録するグラフです。1から9までのスケールで、1は最悪(酷い鬱状態)、5が普通、そして9がマックスの躁状態です。その日の状態にあてはまる数字に〇をつけます。そしてそのような気分に影響したと思われる出来事をメモします。また天気や睡眠時間も記録します。これによって自分の状態を客観的に振り返り、1,2週間の気分の波を一目で見ることができます。
最新コメント
検索フォーム
Access Counter
お気に入りブログ / リンク
ポチッとしてくださったら喜びます(^-^)/
ポッチっとよろしくお願いします(*^▽^*)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

べんぴねこボタン2
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。